Mac OS X

OS X Mountain Lionで、Time Machineの「複数の場所でバックアップ」機能を利用するには、ドライブ設定時に「両方」を選択する

OS X Mountain Lioniconから、Time Machineドライブの複数選択が可能になりました。

最初のTime Machine設定が行われている場合、システム環境設定>ディスクを選択から、2つ目のドライブにTime Machine設定を行おうとすると「バックアップディスク"Time Machine"を置き換えますか、それとも両方のディスクにバックアップしますか?」と聞かれるので、ここで「両方」を選択すると、どちらのドライブにもTime Machine設定を行うことが出来ます。

これで、自宅のTime Machineと仕事場のTime Machineといった感じで、場所毎にTime Machineドライブを持つ事が可能になりました。


また、OS X Mountain Lionからは、内蔵ドライブや外付けドライブ以外に、Time Capsuleといったネットワークマウントドライブに対しても、バックアップを暗号化することが出来るようになっています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事