Mac OS X

OS X Mountain LionのFinderからドライブの暗号化が可能に

OS X Mountain LioniconのFinderから、ドライブの暗号化が簡単に行えるようになりました。

このドライブの暗号化は OS X Lionでも利用可能でしたが、暗号化を行う場合は、ディスクユーティリティで一旦ディスクを消去して、フォーマットで「Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング、暗号化)」を選択し直す必要があり不便でした。

OS X Mountain Lionでは、暗号化したいドライブを選択し、コンテキストメニューから「XXXを暗号化」を選択するだけで行えます。


暗号化を選択すると、暗号化パスワード、パスワードの確認、パスワードのヒントを入力して、ディスクを暗号化ボタンをクリックするだけです。

暗号化作業は、ドライブの大きさによって異なりますが、作業中でもドライブに書き込みすることは可能です。

暗号化作業が完了すると、一瞬ドライブが取り出され再びマウントされます。


暗号化されたドライブを、OS X Lion以降のMacにマウントさせようとすると、ロック解除用パスワードを求められるようになります。


Mac OS X Snow Leopard以下や、Windows環境でマウントしようとすると、OS X Lion以降がインストールされているMacに接続しないと読み出せないというアラートが出ます。

システムバージョンおよびプラットフォーム依存する暗号化機能ですが、逆に柔軟性が無い方が安全という考え方も出来ると思います。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事