Mac OS X

OS X Lionの「オートセーブとバージョン」対応アプリで「別名で保存」するには「複製」して保存する

複製

複製

OS X Lionの新機能として「オートセーブとバージョン」機能が追加され、バージョン保存機能が追加されました。バージョン保存が可能になったことで、オートセーブとバージョンに対応したアプリの場合、上書き保存や別名保存などのメニューが無くなっています。

Mac OS X Snow Leopardまで利用出来た「別名で保存」は、OS X Lionの場合「複製」を選ぶと、同じ内容がコピーされた新規ドキュメントが表示されます。

いちいちコピーされた新規ドキュメントが表示されるのが面倒ですが、このコピーを保存することで、別名で保存することは出来ます。


この「複製」にはショートカットキーが割り当てられていません。

システム環境設定のキーボードで、キーボードショートカットタブからアプリケーションを選択し、プラスボタンをクリックして、メニュータイトルに「複製」と入力して、キーボードショートカットを設定します。

別名で保存と同じショートカット「shift + command + S」も別で使用されていなければ使えます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事