Mac OS X

OS X Lionをプレゼンで使用する場合の小技(ユニバーサルアクセス)

OS X Lionでプレゼンテーションを行う場合、新しい機能を使った小技を紹介します。

OS X Lionのシステム環境設定>ユニバーサルアクセスで「視覚」タブにあるズーム機能の「別ウィンドウで拡大」にチェックを入れると、カーソルが当たっている場所だけ拡大表示されます。

これは、ズーム機能が入りの状態だと常時表示になるので、強調表示したい時に「command + option + 8」キーを押してズーム機能をオンにするといった使い方をするのが良いと思います。


あと、ユニバーサルアクセスの「マウスとトラックパッド」タブの「カーソルのサイズ」使って、カーソルサイズを大きくすることが出来ます。

これはMac OS X Snow Leopardでも利用出来ましたが、カーソルを拡大した場合の滑らかさが向上しています。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事