iPhone App Store

Exif情報を確認出来る多機能カメラアプリ「PhoneGrafer」を試す

PhoneGrafer

PhoneGrafer

emotionaleが、iPhone用カメラアプリ「PhoneGrafer」を、App Storeにて販売していたので試してみました。

アプリを起動すると、カメラレンズ風の画面が表示され、レンズリングを回すかのように指で触ると、タイマー設定や、カラーフィルターの設定を行う事が出来ます。


画面下中央のカメラアイコンをタップすると、水平器が表示されたカメラが起動して撮影することが出来ます。

フィルターを選択した場合、プレビュー確認することは出来ず、撮影後、フィルムアイコンをタップして、カメラロールにアクセスして、撮影された写真を確認する方法しか用意されていないようです。

iPhone 3GSでは、その右隣のカメラアイコンをタップすると、通常のフォーカス可能なカメラも起動することが出来ます。


左端の設定ボタンをタップし、保存される画像サイズ、水平器表示のオン/オフ、カラーフィルターの詳細設定、GPSタグのオン/オフなどを行う事が出来ます。


フィルムアイコンをタップして、カメラロールにアクセスし、写真を読み込むと、編集画面に変わり、右端のfrをタップすると、Flickrにアップロードすることが出来ます。


斜円をタップするとフィルター適用と解像度変更するダイアルが表示され、さらにフィルターを掛けることが出来ます。


右上のExifボタンをタップすると、写真に埋め込まれたExif情報を確認することができ、現在位置情報を元に、Googleマップを表示させることが出来ます。

このExif情報確認は、PhoneGraferで撮影されていない写真でも確認することが出来ます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事