iPhone

Apple、新型コロナウイルス対策のロックダウンにより、iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxの生産に影響が及んでいると発表

Apple

Apple

Appleが、新型コロナウイルス対策のロックダウンにより、中国鄭州市にある主要なiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの組み立て施設に一時的な影響が及んでいると発表しています。

同施設は現在、生産能力を大幅に縮小して操業していて、新型コロナウイルス流行期間中に行ってきたように、Appleはサプライチェーンで働く人々の健康と安全を最優先していると説明しています。

iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxモデルに対する需要は引き続き旺盛で、しかし、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの出荷台数は当初の予想を下回る見込みであり、購入者の手元に届くまでの待ち時間が長くなることが予想されると説明しています。

Appleは、すべての従業員の健康と安全を確保しながら、通常の生産水準に戻すためにサプライヤーと緊密に協力しているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事