iPhone

iPhone SE (3rd generation)のA15 Bionicチップ仕様

iPhone SE (3rd generation)

iPhone SE (3rd generation)

Appleの新型iPhone「iPhone SE (3rd generation)」で、ベンチマークアプリ「Geekbench 5」で計測した結果が投稿されていました。

その内容から、A15 Bionicプロセッサーは1プロセッサ 6コア仕様と表示されます。

なお、CPUのクロック数値は3.23GHzと表示されます。

L1インストラクションキャッシュサイズは128KB、L1データキャッシュサイズは64KB、L2キャッシュサイズは4MB、メインメモリは4GBでした。

マザーボードは「D49AP」のようです。

iPhone SE (2nd generation)のA13 Bionicチップと比較して、L1インストラクションキャッシュサイズは80KBアップ、L2キャッシュサイズは同じ、メインメモリ容量は1GBアップ、クロック数もアップしています。


関連エントリー
iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro MaxのA15 Bionicチップ仕様
iPhone 13 mini・iPhone 13のA15 Bionicチップ仕様
iPhone 12 miniのA14 Bionicチップ仕様
iPhone 12のA14 Bionicチップ仕様
iPhone 12 ProのA14 Bionicチップ仕様
iPhone 12 Pro MaxのA14 Bionicチップ仕様
iPhone SE (2nd generation)のA13 Bionicチップ仕様
iPhone 11のA13 Bionicチップ仕様
iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MaxのA13 Bionicチップ仕様
iPhone XS、iPhone XS MaxのA12 Bionicチップ仕様
iPhone XRのA12 Bionicチップ仕様
iPhone XのA11 Bionicチップは最大2.40GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone 8 PlusのA11 Bionicチップは最大2.40GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone 8のA11 Bionicチップは最大2.40GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 7 のA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 7 PlusのA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone SE のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6s のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6s Plus のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6 のA8プロセッサは最大1.4GHz、メモリ容量は1GB仕様
iPhone 6 Plus のA8プロセッサは最大1.4GHz、メモリ容量は1GB仕様
iPhone 5sのA7プロセッサは最大1.3GHz、メモリ容量は1GB仕様




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事