iPhone

iPhone XR充電中発火が原因で夫婦が死亡したとして、遺族がアップルジャパンを提訴

 名古屋地方裁判所

名古屋地方裁判所

朝日新聞などが、愛知県の夫婦2人が死亡したとして、遺族が2月25日に、製造物責任法に基づき、アップルジャパンに約1億4400万円の損害賠償を求める訴訟を
名古屋地方裁判所に起こしたと伝えています。

訴状や遺族男性によると、火災は2019年秋、2階建て住宅で午前4時半ごろ発生し、住人夫婦が気道熱傷で死亡したそうです。

充電のため「iPhone XR」を置いていたこたつテーブルと周辺のじゅうたんが焼失し、こたつに布団は掛けておらず、コンセントは抜いてあった。

iPhone XRは購入から約2週間で、死亡した女性が火災の1週間前から使用していて、充電器は純正品だったそうです。

代理人弁護士によると、調査した製品評価技術基盤機構(NITE)は「アイフォーンが出火原因の可能性が高いが、断定できない」と判断しているそうです。

アップルは提訴前、原告側に「出火原因ではない」と説明したそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事