ハードウェア

Razer、Thunderbolt 3接続eGPU拡張ボックス「Razer Core X」を発表

Razer Core X

Razer Core X

Razerが、Thunderbolt 3接続eGPU拡張ボックス「Razer Core X」を32,800円で6月22日から発売すると発表しています。

Razer Core V2は、フルサイズ型の2スロット幅 PCI-Express x16 グラフィックボード×1、GPU電源375W、USB 3.0 X 4、GigaEthernet搭載仕様ですが、Razer Core Xは、Thunderbolt 3ポートのみで、フルサイズ型の3スロット幅 PCI-Express x16 グラフィックボード×1、GPU電源500Wとなっています。


Razer Core X

Razer Core X

macOS High Sierra 10.13.4以降がインストールされたThunderbolt 3ポート搭載Macにも対応し、サポートされるAMD GPUカードを用意すればeGPUとして使用できます。

また、Thunderbolt 3接続されたMacBook Proへ、USB PD/100W給電も行われます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事