etc / User Group

AUGM三重2015:Apple-Style 新種林檎研究所の所長、Apple製品にのめり込むエピソードを語る

AUGM三重2015において、Apple-Style 新種林檎研究所の真田勇氏が、iMacが発売されたあとに、ノートを空想してデザイン公開したところ、国内外からデザインの依頼があり、本業になっていったと話していました。

その後、プロダクトデザインに関しては断り、空想Apple製品のみの制作に戻ったそうです。


掲示板に、スティーブン・ジョブス氏から「英語のページも制作してくれ」との書き込みがあったとも紹介していました。

本物かどうかは不明としながらも、メールアドレスは、@apple.comだったそうです。


現在は、Apple系ブログ記事を集める「Apple-Style」も毎日更新しているそうで、すでに10年経っているそうです。

なお、今回、息子さんもアシスタントとして同行されていました。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事