etc / User Group

AUGM北九州2013:ジェット☆ダイスケ「Webと動画」

AUGM北九州2013において、ジェット☆ダイスケ氏が、YouTubeチャンネル「ジェット☆ダイスケが、前世期は、ナローバンド/従量課金があたりまえで、動画は重たいのであまり好まれない時代で、160x120ピクセル程度の動画が精一杯だった。しかも、再生プラグイン戦国時代だったと説明した。

00年代前半は、ブロードバンド/定額料金が普及し、通信サービスとコンテンツフォルダーが動画推しになり、SDテレビ放送程度の動画配信が可能になり、Windows Mediaがプラグインの覇者になったと説明した。


その頃にCGムービー「ジェット☆ダイスケ・ザ・モーションピクチャー 30sec ver. 」をやっていたそうです。

00年代後半は、紀州三味うめたまご試食のような、ブログの素材としてYouTubeを使っていたが、動画をメインにするようになったそうです。


投稿DO画楽天動画チャンネルを始めたと紹介していました。

現在、スマホからのアクセスが増えてきているが、字幕が読めないとか色々な問題も発生しているそうです。


2012年にApple Store, GinzaでiPhoneで動画編集を行うというイベントを行い、取材カメラとしてiPhone 4Sを使い出したと紹介したが、いまやiPhone 5sのFaceTimeカメラ側で撮影したところ、民政機ビデオカメラと比べると画質は劣るが、一般レベルのビデオカメラと比べて遜色がないと説明してました。


音声部分に難があり、フォステックスの「AR101」や、MI7 Japanのミニマイクロフォン「i-Series Microphone」を使用してみたところ、iPhone 5sの方が聞きやすいという反応が多かったそうです。


レンズや手ブレ補正なども性能が上がり、外部周辺機器を使わなくても使えるレベルだと紹介してました。


iPhone制作におけるアドバンテージは、音楽制作アプリが充実していて、GarageBandやコルグのiKaossilator for iPhone and iPadを使ってサウンド制作を行っているそうです。

MacのGarageBandでブラッシュアップしてるそうです。


動画制作は難しくはなく、0系新幹線の旧塗装200系新幹線をYouTubeにアップロードしたところ反応が凄かったと話し、すぐに撮影して直ぐにアップ出来るiPhone 5sを使った動画制作が簡単にしたと紹介してました。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事