etc / サポート

iPhone部品の真贋は顕微鏡で判断するレベルまでにきている

Appleは修理部品管理において、交換部品もオペレーションシステム上でシリアル管理していることから、部品が正規ルート以外に流れることが少ないため、こうした偽物部品の売買がビジネスになっているのですが、最近、非正規修理業者向けと考えられるiPhone用の偽物部品の精度が上がり、肉眼では判断出来ないほどのレベルのため、Apple正規サービスプロバイダに、顕微鏡が導入されつつあるようです。


Genius BarやApple正規サービスプロバイダでは、非正規修理が行われたiPhoneやiPadは、Apple製品1年限定保証にある「 Apple の代理店、または Apple 正規サービスプロバイダ (以下、「AASP」といいます) 以外によって実施されたサービス (アップグレード、拡張など) に起因する損傷。」に該当すると判断されるため、有償修理も受けることが出来なくなりますが、この規定があるにも関わらず、精巧な偽物部品が使用されていたことで、真贋の判断が付かず正規修理を行ってしまった場合、修理対応したことに対してペナルティが課せられる場合があるようです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事