etc / サポート

IEEE 802.11nに対応したAirMac Extreme/Time Capsuleで、ファームウェア 7.6.1を利用する事で、iCloud経由で「どこでもMy Mac」が利用可能に

AirPort Base Station and Time Capsule Firmware Update 7.6.1

AirPort Base Station and Time Capsule Firmware Update 7.6.1

IEEE 802.11nに対応したAirMac Express 802.11n (1st Generation)以降、Time Capsule 802.11n (1st Generation)以降、AirMac Extreme 802.11n (1st Generation)以降で、AirMac ユーティリティを利用して「AirPort Base Station and Time Capsule Firmware Update 7.6.1」を適用すると、ワイヤレスパフォーマンスの問題が修正され、AirMacディスクへのリモートアクセスまたはiCloudアカウントを持つTime Capsuleのハードドライブがサポートされるようになります。

ファームウェアのアップデート後、iCloudで「どこでも My Mac」を有効にするためには「AirMac ユーティリティ 6.0 (OS X Lion)」から行います。

なお、この変更を行うと、MobileMeを利用したインターネット経由での「どこでも My Mac」は利用出来なくなるようです。(ローカルネットワークはマウント出来ます)


AirMac ユーティリティ 6.0 (OS X Lion)

AirMac ユーティリティ 6.0 (OS X Lion)

AirMac ユーティリティ 6.0 (OS X Lion)を起動し、iCloudから「どこでも My Mac」を有効にしたいTime Capsuleを選択します。


MobileMeの「どこでも My Mac」が設定されている場合、iCloudに移行完了したApple IDのIDとパスワード(再認証)を行い、アップデートを行うとTime Capsuleが再起動し、OS X LionからTime Capsuleなどが「どこでも My Mac」で表示されるようになります。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事