etc / レポート

CES2020:Other World Computing、Thunderbolt 3接続周辺機器を多数発表

Other World Computing

Other World Computing

CES2020において、Other World Computingが、Thunderbolt 3接続周辺機器を多数発表しています。

今年は、同社が買収したAkitioの新製品も一緒に展示していました。

2020年第1四半期以降から順次発売されます。


Mercury Helios 3S

Mercury Helios 3S

Thunderbolt 3接続PCIe拡張ソリューション「Mercury Helios 3S」を発表しています。

様々なPCIe 3.0 x16カードをサポートするPCIe拡張ボックス「Mercury Helios 3」の新型製品で、プラグロックタイプ12V電源コネクタ、DisplayPort 1.4、85Wと15Wの電源供給性能を持ったThunderbolt 3ポートが2つ搭載されています。


ThunderBay 8

ThunderBay 8

8ドライブベイを搭載したThunderbolt 3接続外付けドライブケース「ThunderBay 8」を発表しました。

SoftRAID XTを搭載し、2つのThunderbolt 3ポートを備え、3.5インチまたは2.5インチドライブを8台収納できるHDD/SSDドライブケースです。

最大112TB搭載可能で、6ユニットをデイジーチェーン接続した場合の最大容量は672TBにもなります。


ThunderBay FLEX 8

ThunderBay FLEX 8

Thunderbolt 3接続PCIe拡張ソリューション「ThunderBay FLEX 8」を発表しています。

上部の4つのベイには、U.2 NVMe SSD(PCIe 3.0 x4が1つ、PCIe 3.0 x1が3つ)、2.5インチSSDまたは3.5インチHDDをSATA 6Gb/s接続搭載できます。

下部の4つのベイには、2.5インチまたは3.5インチSATA 6Gb / sドライブを取り付けできます。

また、前面側にThunderbolt 3、USB-C x2、デバイスのドッキングと充電用のUSB-Aポート x2、SD 4.0カードスロット、CF-Expressカードスロットを、背面にはDisplayPort 1.4 x2が装備されています。


Akitio Node Titan

Akitio Node Titan

Thunderbolt 3接続PCIe拡張ソリューション「Akitio Node Pro」の新型モデル「Akitio Node Titan」を発表しています。

2 x 8ピンPCIe電源コネクタ給電量が最大400Wから最大650Wにアップしています。

DisplayPortは無くなり、Thunderbolt 3ポートも最大85W給電可能な1ポートのみとなっています。


OWC Accelsior 4M2

OWC Accelsior 4M2

すでに発売中のMac Pro (2019)対応PCIe 3.0接続M.2 NVMe SSDカード「OWC Accelsior 4M2」も展示していました。

4つのNVMe 1.3 M.2スロットを搭載し、最大Write 6775 MB/s、最大Read 6318 MB/s性能を持っています。


写真提供:コトプランニング


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事