アクセサリ

Other World ComputingのThunderbolt 3接続2280 M.2 NVMeSSD用ドライブケース「OWC Envoy Express」を試す

OWC Envoy Express

OWC Envoy Express

Other World Computingが販売するThunderbolt 3接続2280 M.2 NVMeSSD用ドライブケース「OWC Envoy Express」を試してみました。

Thunderbolt認証を取得した、バスパワーで使用できるThunderbolt 3ドライブケースです。

2280 M.2 NVMeSSDをサポートするように設計されています。


OWC Envoy Express

OWC Envoy Express

本体には、Thunderbolt 3ケーブル (27.5cm)が内蔵されています。

吸着ゲルで付け替えや取り外しが簡単なプラスチックホルダーが付属しており、Envoy ExpressをMacBook AirやMacBook Proのディプレイ背面に固定して使用することが可能です。


JHL6240

JHL6240

Thunderboltコントローラーとして、Intelの「JHL6240」が採用されています。

TDP1.2W、PCI Express Gen 3、シングルポート仕様となります。


OWC Envoy Express

OWC Envoy Express

2280 M.2 NVMeSSDを装着するには、付属するドライバを使用して、裏蓋にある2箇所のネジを外します。

さらに2280 M.2 NVMeSSDを固定するためのネジを取り外します。

2280 M.2 NVMeコネクタ部分に2280 M.2 NVMeSSDを接続し、ネジを逆の手順で締めます。


Lexar NM610 LNM610-1TRBJP

Lexar NM610 LNM610-1TRBJP

今回使用したSSDは、レキサーメディアの「Lexar NM610 LNM610-1TRBJP」です。

SSDの仕様は「Write:1600MB/s、Read:2100MB/s」となります。


MacBook Pro (15-inch, Late 2016)

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)に接続し、ベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」で計測してみました。

結果は「Write:1059MB/s、Read:1522MB/s」でした。


MacBook Air (M1, 2020)

MacBook Air (M1, 2020)

次にMacBook Air (M1, 2020)に接続してベンチマーク計測を行ってみました。

結果は「Write:672MB/s、Read:1484MB/s」でした。

Intel Macと比べ、M1Macの場合、Write性能は35%ダウンしますが、Read性能に関しては差がないことが分ります。

USB 3.2 Gen 2接続M.2 NVMe SSDドライブケースより速いのは確かです。


OWC Envoy Express

OWC Envoy Express

MacBook Air、MacBook Proのディスプレイ背面に、吸着ゲルでプラスチックホルダーを固定して使用することで、外付けドライブ用の十分なスペースも無い小さなビストロテーブルや外出先でのひざの上でも快適に使用できます。

OWC Envoy Express本体は、プラスチックホルダーからスライドさせることで簡単に脱着/装着が可能です。


関連エントリー:M1チップ搭載Mac、USB 3.2 Gen 2接続外部SSDとThunderbolt 3接続外部SSDのベンチマーク



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事