etc / レポート

CES2019:シャープ、ポータブル型8K Vdeo Cameraを参考展示

シャープ:8Kビデオカメラ

シャープ:8Kビデオカメラ

CES2019において、シャープが、現在開発中のマイクロフォーサーズ規格を採用した8K Vdeo Cameraのコンセプトモックアップモデルを展示していました。

モックアップにはM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rレンズが装着されていることから、マイクロフォーサーズ規格のミラーレスモデルだと分ります。


シャープ:8Kビデオカメラ

シャープ:8Kビデオカメラ

側面インターフェスとして、外部マイク入力、オーディオ入力、ヘッドフォンモニター出力、HDMI 2.1出力、USB-Cポートが用意されていて、反対側にはSDカードスロットが装備さえるようです。

最大8K/30pの映像をSDカード記録し、ビデオカメラからHDMIケーブル経由で、同社の8Kテレビに映像表示することが可能になるそうです。


シャープ:8Kビデオカメラ

シャープ:8Kビデオカメラ

背面ディスプレイは、ボディサイズ一杯なバリアングルディスプレイを採用するようです。

ボディ単体の価格は5,000ドル(約54万円)になれば良いなというレベルの段階で、詳細については、NAB Show 2019で明らかになり、2019年中の発売を目指しているそうです。


8C-B60A

8C-B60A

同社は、3,300万画素 Super 35mm CMOSイメージセンサーによる8K 60p撮影に対応した8Kカムコーダー「8C-B60A」を発売していますが、ビデオコーデックは「Grass Valley HQX Codec」を採用しており、1分で約50GBファイルサイズになります。

もし、小型8KビデオカメラもGrass Valley HQX Codecを採用している場合、編集環境にプラグインが必要になるため、HEVC/H.265フォーマットが望ましいと思いました。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事