etc / レポート

CES2019:AfterShokz、サングラス型骨伝導ヘッドフォン「OptiShokz」を展示

OptiShokz

OptiShokz

CES2019において、AfterShokzが、サングラス型骨伝導ヘッドフォン「OptiShokz」を展示していました。

IFA2018でプロトタイプモデルが展示されていましたが、今回、展示されていたのは製品版となります。

同社の骨伝導ワイヤレスイヤフォンは、骨伝導部分が耳の前方側に位置する製品が多いですが、これは耳の後ろ側に骨伝導部分が位置する設計となっています。


OptiShokz

OptiShokz

コントロール部分は、右側のテンプル(つる)の下側に電源ボタンやボリュームボタンが配置されています。

2019年2月からIndiegogoでクラウドファンディングキャンペーンを実施する予定だそうです。


AfterShokz Xtrainerz

AfterShokz Xtrainerz

IP68規格に準拠した防水ワイヤレス骨伝導ヘッドフォン「AfterShokz Xtrainerz」も展示されていました。

水中ではBluetooth電波が飛ばないため、本体内にMP3プレイヤー機能を内蔵しています。

iOSやMacの音楽を転送するツールの開発からスタートしているため、発売は早くて2019年8月になると説明していました。


関連エントリー:IFA2018:Aftershokz、骨伝導ヘッドフォン機能付きサングラス「Optishokz Bone Conduction Sunglass」を展示



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事