etc / レポート

WWDC2018:CarPlayナビアプリはディスプレイキーボード実装可能

CarPlay Audio and Navigation Apps

CarPlay Audio and Navigation Apps

Appleが、WWDC2018において「CarPlay Audio and Navigation Apps」セッションを行い、CarPlayの新機能について説明しました。

iOS 12では、CarPlay対応オーディオアプリが使用する「MPPlayableContentManager」のパフォーマンスが改善されているそうです。


CarPlay Audio and Navigation Apps

CarPlay Audio and Navigation Apps

iOS 12から、ナビゲーションアプリで、CarPlay時のみに使用可能な「CarPlay framework」を提供し、CarPlayシステム上にアプリケーションレイヤーを置き、その上にナビアプリ用の操作UIを重ねる構造で動作すると説明しました。


CarPlay Audio and Navigation Apps

CarPlay Audio and Navigation Apps

CarPlay UIはCPMapTemplateで定義され、地図を動かすボタン、拡大/縮小ボタンに加え、ディスプレイキーボードを表示するボタンなどが用意されているそうです。

シミュレーター上では、左ハンドルUIでの紹介でした。


CarPlay Audio and Navigation Apps

CarPlay Audio and Navigation Apps

また、ターンバイターンはAPIとして用意されますが、それをどう使うか、どんなデータを表示するかはデベロッパーの任意となるようです。

ナビアプリはデモ専用アプリですが、よく見ると車線にセンターラインの線が引かれていることが確認出来ます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事