etc / レポート

CP+2015:キヤノン、2ダイヤル操作や内蔵ストロボ、チルト液晶などを搭載したミラーレスカメラ「EOS M3」を展示

EOS M3

EOS M3

CP+2015において、キヤノンが、APS-Cサイズの有効2,420万画素CMOSセンサー、画像処理エンジン「DIGIC6」を採用したミラーレスカメラ「EOS M3」を展示していました。

EOS 8000D、EOS Kiss X8iと同様の「ハイブリッドCMOS AF III」が採用され、AF速度はEOS M2比で約3.8倍となっています。


EOS M3

EOS M3

メカニカルポップアップ式内蔵ストロボが搭載され、外付けEVFにも対応しています。

グリップ部が大きくなり、ストラップ取り付け部が、ピン型から平穴タイプに変更されています。


P/Av/Tv/Mモードなどを直接選べる撮影モードダイヤルや、露出補正ダイヤルを装備した2ダイヤル式となり、マルチファンクションボタンによって、マニュアル操作がしやすくなっています。


EOS M3

EOS M3

背面液晶モニターは、上180度・下45度のチルトに対応する3型タッチパネル式となり、タッチAF、タッチシャッターも継続採用されています。


180度回転させることで自撮りも出来るようになっています。

360°回転式のコントローラーホイールが搭載されていて、各種設定をスムーズに行うことができます。


EVF-DC1

EVF-DC1

別売で、PowerShot G1 X Mark Ⅱでも利用出来る236万画素電子ビューファインダー「EVF-DC1」が利用可能で、日差しの強い屋外での撮影環境下でも見やすく、またファインダーを覗いたまま設定を確認できます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事