etc / レポート

CP+2015:キヤノン、上位機種の風貌を備えたデジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」を展示

EOS 8000D

EOS 8000D

CP+2015において、キヤノンが、上位機種の風貌を備えたデジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」を展示していました。

EOS Kiss X8iと同じ、APS-Cサイズの約2420万画素CMOSセンサーを採用し、映像エンジンもDIGIC 6が採用されています。


EOS 8000D

EOS 8000D

軍艦部分は、ハイアマチュアモデルのEOSと同様に、モードダイヤルが左側に装備されていて、右側には上面液晶パネルが搭載されています。

EOS Kiss X8i同様に、ISO感度設定ボタンに加えて、測距エリア選択ボタン、ディスプレイボタンが装備されています。


EOS 8000D

EOS 8000D

フラッシュカバー部分に、斜形デザインが入っていて、細かい部分で、上位EOSシリーズに似せたデザインが採用されています。


モードダイヤルにはロック機構が装備されていて、電源スイッチレバーには、静止画撮影に加えて、動画撮影モードが装備されています。

この、動画撮影モードは、上位のEOSには無く、EOS Kissシリーズの特徴的な部分となっています。


背面側は、EOS Kiss X8iと同じ、タッチ操作に対応したバリアングルタイプの3型約104万ドット液晶モニターが装備されています。

親指でダイヤルを回すだけで、すばやく設定を変更できるサブ電子ダイヤルも装備されています。


EOS Kiss X8iにはある「絞り数値/露出補正ボタン」は装備されていませんが、ライブビュー時にサーボAF+連写が可能となっています。

「ハイブリッド CMOS AF III」が搭載されたことで、ライブビュー撮影&動画撮影時も高速オートフォーカスが可能となっています。


EOS 7D Mark IIと同様にインテリジェントビューファインダーを搭載し、AFフレーム、水準器、アスペクト比フレーム、測距エリアモード、フリッカー検知などが表示可能となっています。


EOS初となる、白トビを抑えて、ディテールまで表現できるHDR動画撮影が可能となっています。

HD画質(1280×720)設定時のみ撮影でき、かんたん撮影ゾーンでのみ設定が可能となっています。


Canon Camera Connect

Canon Camera Connect

Wi-Fi接続で、iPhone/iPadアプリ「Canon Camera Connect」を利用することで、写真転送や、ライブビュー画面を確認しながら、絞りやシャッター速度、ISO感度の設定変更や、オートフォーカス、レリーズなどが行えます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事