etc / レポート

page2014:セミナー「Webで使うIllustrator、その基本とはまりポイント」

page2014のメディアクリエイションゾーンにおいて、DTP Transitの鷹野雅弘氏が「Webで使うIllustrator、その基本とはまりポイント」と題したセミナーが行われました。

Retinaディスプレイ時代を迎え、マルチデバイス時代の画像作成は、脱ビットマップを目指し、CSS3で表現し、SVGデーターを使うようにすべきだと説明していました。

CSS3によって、角丸、不透明度、ドロップシャドウ、グラデーション、非デバイスフォントを表現出来るが、その CSS3作成が「Adobe Illustrator CC」から書き出し出来ると説明していました。

そのAdobe Illustrator CC作業の上での注意点をデモを交えながら紹介していました。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事