etc / レポート

PHOTONEXT 2013:富士フイルム、Wi-Fi搭載レンズ交換式プレミアムカメラ「FUJIFILM X-M1」を先行展示

FUJIFILM X-M1

FUJIFILM X-M1

PHOTONEXT 2013において、富士フイルムが、レンズ交換式プレミアムカメラ 「FUJIFILM X-M1」の先行展示を行っていました。

Xシリーズ初となるWi-Fi機能を搭載したデジタルカメラで、片手で直感的に素早く操作が可能なデザインが採用されています。

1630万画素ローパスフィルターレス仕様の「X-Trans CMOS」センサーを採用し、Xマウント用のフジノンXレンズやMマウントアダプターを使用することが可能です。


FUJIFILM X-M1

FUJIFILM X-M1

さまざまな撮影モードを素早く設定できる「モードダイヤル」を搭載していて、「アドバンストSRオート」では、シーンに合わせた最適な撮影条件をカメラが自動で設定するため、簡単に高画質な写真を撮影することが可能だそうです。


FUJIFILM X-M1

FUJIFILM X-M1

操作ボタンやダイヤルが、カメラの背面右側に集約され、親指1本で絞り・シャッタースピード・露出補正などを調節することができ、片手で直感的に素早く操作することができるそうです。

3型チルト式約92万ドットモニターが採用され、Wi-Fi機能を利用して、iPhone/iPadアプリ「FUJIFILM Camera Application」との連携が可能になっているそうです。

9月に遅れて発売されるブラウンモデルは、レンズセットの場合、通常のブラックカラーレンズではなく、シルバーカラーのレンズがセットになるそうです。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事