etc / デジカメ

ソニー、世界最小・最軽量フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を発表

α7C

α7C

ソニーが、世界最小・最軽量フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を10月23日から発売すると発表しています。

有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rと、高速処理能力を備えた画像処理エンジンBIONZ Xを搭載しています。


α7C

α7C

高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化することで、5.0段の補正効果を実現しています。

ビューファインダー使用時約680枚、LCDモニター使用時約740枚の撮影が可能です。


α7C

α7C

6K相当の情報量を凝縮した高解像4K動画記録が可能で、HLG方式による4K HDR撮影、S-Log2に加え、シャドウからミッドトーンにかけての階調特性を重視したS-Log3も搭載しています。

MOVIEボタンをボディ天面に配置しているため、腰の位置から撮影する際や自撮りの際の操作性も向上しています。


α7C

α7C

横方向に開くバリアングル液晶モニターを搭載し、自撮りのほか、頭より高い位置や地面近くでの撮影の際に便利です。

また、マイク端子や録音時のモニター用に使えるヘッドホン端子を搭載したほか、デジタルオーディオインターフェースに対応したMIシューで高音質な音声記録が可能です。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事