etc / デジカメ

ソニー、バリアングル液晶を採用したフルサイズミラーレスカメラ「α7S III」を発表

α7S III

α7S III

ソニーが、フルサイズミラーレスデジタルカメラ「α7S III」を10月09日から発売すると発表しています。

α7S IIの後継機で、新開発の「Exmor R」イメージセンサーを採用し、有効画素数約1210万画素、拡張ISO感度40〜40万9600に対応しています。


α7S III

α7S III

15ストップ超の広いダイナミックレンジで撮影でき、759点の位相差AFポイント、全撮影モードで「ファストハイブリッドAF」を利用可能です。

画像処理エンジンは、新開発の「BIONZ XR」を2基搭載し、従来の画像処理エンジン「BIONZ X」に対して8倍高速な処理性能があるそうです。


α7S III

α7S III

α7シリーズとしては初めてバリアングル液晶を採用し、メモリスロットはデュアル仕様で、各スロットにはSDメモリカードもしくはCFexpress Type Aを搭載可能です。

動画撮影機能は、10-bit 4:2:2レコーディング、高品質な動画圧縮形式「All-Intra」、HDMIによる16-bit RAWアウトプット機能などが搭載されています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事