etc / デジカメ

キヤノン、小型・軽量なフルサイズミラーレスデジタルカメラ「EOS RP」を発表

EOS RP

EOS RP

キヤノンが、RFマウントを採用するカメラとして、小型・軽量でありながら、高画質な写真や映像の撮影が可能な35mmフルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ「EOS RP」を2019年3月中旬から発売すると発表しています。

RFレンズと有効画素数約2620万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーと最新の映像エンジン「DIGIC 8」の組み合わせにより、高画質で表現豊かな撮影が可能です。


EOS RP

EOS RP

EOS Rと異なり、モードディスプレイは非搭載ですが、他のEOSのようにモードダイヤル自体にモード表示がされるようになっています。

シャッター音を無音にできるサイレントモードや流し撮り、集合写真、料理など12種を搭載した「SCNスペシャルシーン」を利用することで、シーンをさらに細かく分類して、より適切な設定で撮影できます。


EOS R

EOS R

EVFは約0.7倍・約236万ドットで、約104万ドットの3型液晶モニターは、静電容量方式を採用したタッチパネルを搭載し、画面の被写体をタッチしてピントを合わせる位置を選択したり、2本指で画像を拡大・縮小したり、快適なタッチ操作が可です。

タッチ操作の感度は[標準/敏感/しない]から選べます。


EOS R

EOS R

視野率約100%、視野角(上下/左右とも)約170°の高精細クリアビュー液晶IIを採用し、7段階の輝度調整が可能です。

前方向約180°、後ろ方向約90°、水平方向約175°に可動します。

三脚やバッテリーグリップ装着時もアングルの変更がスムーズにできる横開きスタイルで、無理のない姿勢で、表現意図に応じた構図づくりが行えます。


EOS RP USB-C

EOS RP USB-C

EOS RPは、EOS R同様にUSB-Cデジタル端子を搭載しています。

別売のUSB充電アダプター「PD-E1」を使用することで、本体に装着したLP-E17の充電が可能です。

なお、撮影中は充電ができず、カメラの電源OFFの状態でのみ充電できます。


EOS RP

EOS RP

Wi-FI接続は、IEEE 802.11n(2.4GHz)に対応しています。

Bluetooth 4.1接続で、iPhone/iPadアプリ「Canon Camera Connect」を使用して、カメラ内に保存されている画像をスマホやタブレットで確認することができます。

写真や動画転送する場合は、自動的にWi-Fi接続に切り換わります。


EOS RP 4K/24p

EOS RP 4K/24p

動画モードの場合、4K・UHD(3840×2160)録画が可能で、フレームレートは23.98pです。

4K撮影時、常用最高ISO感度12800に設定できるため、暗いシーンでも感度を上げて撮影することが可能です。

なお、4K動画撮影時のAFはコントラスト検出AF方式となります。


EOS RP GOLD

EOS RP GOLD

今回、カラーバリエーションモデル「EOS RP GOLD」が5,000台限定で発売されます。

キヤノンは、東京2020オリンピックゴールドパートナー(スチルカメラ)です。

なお、EOS RPはバッテリー・カードを含めても約485gという軽さを実現するために、ボディにはポリカーボネート素材が使われています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事