etc / Apple Apps

Apple、信頼性が向上した「Final Cut Pro 10.6.3」を配布開始

Final Cut Pro

Final Cut Pro

Appleが「Final Cut Pro 10.6.3」の配布を開始しています。

シーン内のオブジェクトを自動的に追跡し、シネマティックモードで撮影したビデオを編集。新しいMacBook Proでワークステーションクラスのパフォーマンスを体験できます。

システム条件macOS Big Sur 11.5.1以降、4GBのRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には8GBを推奨)、Metal対応グラフィックカード(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には1GBのVRAMを推奨)、3.8GBの空きディスク領域。


一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。


バージョン 10.6.3 の新機能
・ドラッグ&ドロップでトランジションを置き換えるときの信頼性が向上
・接続済みクリップにトランジションをドラッグするときの信頼性が向上
・カスタム・サウンド・エフェクトがサウンドエフェクト・ブラウザに表示されないことがある問題を修正

その他の修正点に関してはFinal Cut Pro リリースノートを参照して下さい。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事