etc / Apple Apps

Apple、iOS用デバイス管理ツール「Apple Configurator for iPhone」を配布開始

Apple Configurator for iPhone

Apple Configurator for iPhone

Appleが、iOS用デバイス管理ツールアプリ「Apple Configurator」をApp Storeにて無料配布を開始しています。

iPhoneのApple Configuratorを使うと、自動デバイス登録で利用できるように、T2セキュリティチップまたはAppleシリコンを搭載したMacをApple Business ManagerまたはApple School Managerの組織に簡単に割り当てることができます。

配布するデバイスを Mac に USB で接続し、学生や従業員などのユーザに適した設定、App、データを指定することで、大量のデバイスをすばやく構成できます。

iOS 15.0以降の環境に対応しています。


デバイス登録マネージャの役割が付与されている組織の管理対象Apple IDでApple Configuratorにサインインしたあと、iPhoneのネットワーク設定を共有するか、Macにインストールする構成プロファイルを選択すると、Macにネットワーク設定が適用されます。

Macを組織に割り当てるときは、Apple Configuratorが実行されているiPhoneを設定アシスタントの国の選択画面が表示されているMacに近づけてイメージをスキャンするか、6桁のPINを手動で入力します。Macが組織に割り当てられて、Apple School ManagerまたはApple Business Managerの“Apple Configuratorによって追加されたデバイス” MDMサーバプレースホルダに表示されたら、管理者やデバイス登録マネージャはそのMacを自動デバイス登録用のMDMサーバに割り当てることができます。Apple Configuratorの状況ボタンを押すと、組織にすでに割り当てられているデバイスのレポートが表示されます。

デバイスがこの方法で割り当てられて登録された場合、必須の監視やMDMの登録を含め、自動デバイス登録を使用して登録されたほかのデバイスと同じように動作します。唯一の違いは、組織、監視、およびMDMからデバイスを削除できる30日の暫定期間がユーザに与えられることです。


関連エントリー:WWDC21:Apple、iOSデバイス管理ツールのiOS版「Apple Configurator for iPhone」を発表


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事