etc / Twitter

Twitter、利用規約を改訂、Tweetsの所有権はユーザーにあると明記

Twitterが、「利用規約」を改訂したと発表しています。

ユーザーのつぶやきに関して「使用、コピー、複製、加工、改作、変更、発表、送信、表示、配付」することができると説明し、そのつぶやきは投稿したユーザーのものであり、所有権はユーザーにあると説明しています。

この件に関して、9月10日に開催された「Twitter Developers Meetup in Tokyo」において、RTされた場合、最初の発言者のIDが削除されてしまうと、誰のものかわからなくなてしまい、著作権が曖昧になることについて質問がされ、Twitterの技術リーダー、Matt Sanford氏は、エンジニアの立場として著作権の扱いについて説明はできないが、Twitterが実装しようとしているRT APIは、そうした問題を解消する意味合いも含んでいると述べてました。

なお、広告利用については、可能性を残した形で保留扱いとなっています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事