iOS

iOS 11:画面収録とライブ放送が可能に

ReplayKit 2

ReplayKit 2

Appleが、WWDC2017におけるセッション「What's New with Screen Recording and Live Broadcast」において、iOS 11から、HD品質の画面収録とライブ放送が可能になると説明しています。

新しく採用される「ReplayKit 2」には、素早く、iSightカメラとFaceTimeカメラを切り替える機能も含まれます。


Screen Recording

Screen Recording

画面収録およびライブ放送のコントロールは、コントロールセンターにある「Screen Recording」を追加することで、画面を下から上にスワイプで表示される新しいコントロールセンターからオン/オフすることが可能です。

この画面収録は、tvOS 11でも利用出来ます。


ReplayKit 2を使用することで、例えばゲームアプリをプレイ中に画面収録し、アプリ内でプレイバック動画を残すことが出来ます。

また、ゲームアプリ内で、カスタム動画編集機能を追加するこことも可能です。


ライブ放送はクライアント側アプリとライブ放送配信側アプリとの間で、視聴を許可するかどうかの承認プロセスも追加することが可能で、特定ユーザーだけに配信することもできます。

特定のユーザーだけのビデオ会議を行ったり、同じゲームをプレイする友達に、ゲームプレイをライブ放送したりできそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事