iOS

iOS 11.4:複数のAirPlay 2に対応したスピーカーが利用可能に

iOS 11.4:AirPlay 2

iOS 11.4:AirPlay 2

iOS 11.4から、家全体のホームオーディオシステムおよびAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能になっています。

家にある複数のAirPlay 2に対応したスピーカーと同期して音楽を同時に再生可能です。

コントロールセンター、ロック画面、またはiPhone/iPad上のApp内のAirPlayコントロールからAirPlay 2に対応したスピーカーを操作できます。

iPhone、iPad、HomePod、またはApple TVからSiriを使ってAirPlay 2に対応したスピーカーを音声で操作できます。

AirPlay 2に対応したスピーカーでの再生を妨げることなく、iPhoneまたはiPadで電話に出たりゲームをすることが可能です。


tvOS 11.4:AirPlay 2

tvOS 11.4:AirPlay 2

現時点で、AirPlay 2に対応したApple製品は、tvOS 11.4以降がインストールされたApple TV 4K (5th generation)、Apple TV (4th generation)、HomePod 11.4以降がインストールされたHomePodとなります。


LIBRATONE Zipp

LIBRATONE Zipp

サードパーティ製品では、Naim Audio Mu-soNaim Audio Mu-so Qbや、B&O Play Wi-FiスピーカーLIBRATONEのWi-Fiスピーカーが対応しています。

WWDC2017の基調講演で発表された時は、Beats by Dr. Dre、BOSE、Bowers & Wilkinsなども含まれていましたが、サポート製品リストには含まれていません。


関連エントリー:ポタフェス2017:各スピーカーメーカーに、AirPlay 2対応予定を確認


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事