iPad

Apple、沖縄の泡瀬特別支援学校などを紹介した教育事例「支援が必要な学習者向けの教育」を公開

支援が必要な学習者向けの教育

支援が必要な学習者向けの教育

Appleが、Apple製品を活用した教育事例として、チェコ共和国ポディブラディの特別支援学校、沖縄の泡瀬特別支援学校、そして世界最大の特別教育学区であるニューヨーク第75学区を紹介した「支援が必要な学習者向けの教育」を公開しています。

この3つの学校で、教師の方々がiPadとアプリケーションを使って、どのように学習への意欲を引き出し、社会とのつながりを育て、そして教室の内外での生徒の自立を後押ししているかを紹介しています。


関連エントリー:愛知県安城市にある「Ponte cafe 匠」に行って来た



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事