Apple Store

Apple 名古屋栄、多くのアクセサリーを実際に触れる新しいアクセサリー展示を導入

Apple 名古屋栄のアクセサリー展示がリニューアルされました。

Appleは、2015年6月にオープンした「Apple Store Upper East Side店」から、iPhoneケースやBeats by Dr. Dre製品などを、中身のみの展示を増やし、実際に手に取って確かめられる展示方式に変更していますが、日本では、箱のまま展示されていることが多い状態でした。


iPhoneケースは、全て箱から出されたサンプルがずらっと展示されるようになりました。

Apple Storeで販売されるiPhoneケースのほとんどは、箱から簡単に出して中身を確かめることが出来ましたが、一々箱から出して収納するを繰り返す必要がありました。


Apple Union Squareなどでは、木で出来た引き出し式のiPhoneケース展示什器が採用されていますが、Apple 名古屋栄のような展示棚に奥行きが無い場合、導入が難しい状況でした。

そうした奥行きが無い展示棚でも導入出来るように、スチール製の新しい展示什器が導入されています。

在庫は、サンプルの後ろ側に収納されています。


これまで、特色あるアクセサリーコーナー「Feature Bay」は2ヶ所で展開されていましたが、5ヶ所までに増えています。

Apple Storeが力を入れているドローン製品のFeature Bayが新設され、これまで箱展示で販売されていた、DJI Phantom 4 Pro Camera Drone、DJI Mavic Pro Drone、Hover Camera Passportドローンは、実機展示がされています。


今回、新しい展示が導入されましたが、アクセサリーを展示する棚もリニューアルされています。

色はクロームからスペースグレイに変わっています。

また、棚の強度を保つために折り返しが付けられていましたが、それが無くなり棚板が薄くなりました。


関連エントリー:Apple 名古屋栄 バージョンアップ工事が完了(2017)


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事