Apple

Apple、Eddy Cue氏の担当部門名をServicesに変更

Eddy Cue氏

Eddy Cue氏

Appleが、同社役員であるシニアヴァイスプレジデントEddy Cue氏の担当部門名を、Internet Software and Servicesから「Services」に変更しています。

また紹介文も新しくなり

以前の「iTunes StoreやApple Musicなどの業界をリードするAppleのコンテンツストアをはじめ、Apple Pay、マップ、検索広告、Appleの革新的なiCloudサービス、Appleの生産性・創造性向上アプリなどを統括しています。

また、エディは、アップルが世界中で展開するビデオ番組のあらゆる側面の開発を担当する新設のチームを率いています。エディのチームは、アップルのお客様の高い期待に応え、それを上回るようなオンラインサービスを構築・強化してきた優れた実績を持っています。」だったのが、

「Apple Music、Apple News、Apple Podcasts、Apple TVアプリ、Apple TV+をはじめ、Apple Pay、Apple Card、マップ、検索広告、AppleのiCloudサービス、Appleの生産性・創造性向上アプリなど、Appleのサービス全般を統括しています。

Eddy氏のチームは、Appleのお客様の高い期待に応え、それを上回る世界クラスのサービスを構築・強化し、クリエイターやストーリーテラーの方々に、その創造的なビジョンを世界中の人々に届ける機会を提供してきた素晴らしい実績を持っています。」に変更されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事