Apple

Apple、Intelのスマートフォン向けモデム事業を買収したと発表

Appleが、Intelのスマートフォン向けモデム事業を買収したと発表しています。

買収金額は明らかにしていませんが、今回の取引評価は10億ドル(約1,086億円)相当だと説明しています。

約2,200人のインテルの従業員が、知的財産、設備、およびリースと共にAppleに入社する予定で、この取引は2019年第4四半期に完了する見込みであり、規制当局の承認およびその他の慣習的な条件(労使協議会および特定の法域でのその他の関連する協議を含む)を前提としていると説明しています。

Appleは、携帯電話規格のプロトコルからモデムアーキテクチャおよびモデムの動作まで、17,000を超えるワイヤレステクノロジーの特許を取得します。

Intelも同様の発表を行っていて、同社は、パソコン、インターネットデバイス、自動運転車など、スマートフォン以外のアプリケーション用のモデム開発事業を維持するそうです。


関連エントリー:WSJ:Apple、Intelのモデムチップ事業を買収する方向で協議中


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事