Apple

Apple、今後5年間でアメリカ経済に3500億ドル(約38兆円)貢献すると発表

Appleが、アメリカにおける投資と雇用創出を加速すると発表しています。

今後5年間でアメリカ経済に3500億ドル(約38兆円)貢献する予定で、米国製造業支援「Advanced Manufacturing Fund」に関しては50億ドル(昨年は10億ドル)に増資することを明らかにしています。


TimCook CEOは「私たちは、アメリカの創意工夫の力を深く信じており、雇用創出と雇用準備に直接的な影響を持つ分野への投資を集中します。」と述べています。

Appleは、50の州で84,000人を雇用しており、今後5年間で20,000人もの新規雇用を創出するつもりだそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事