Apple

Apple、5月1日からアプリ申請時に、RetinaディスプレイとiPhone 5対応が必要に、またUDIDアクセスするアプリは拒否されると説明

Appleが、デベロッパー向けに「Make Your Apps Look Great on the Retina Display and iPhone 5」を公開し、5月1日からアプリの新規またはアップデート申請時に、Retinaディスプレイに対応している必要があり、iPhoneアプリの場合、iPhone 5への対応が必要になると説明しています。

また「Using Identifiers in Your Apps」も公開し、5月1日から、アプリの新規またはアップデート申請時に、UDIDアクセスするアプリは拒否すると説明しています。

iOS 6から導入されたAdvertising Identifier(広告識別子)を利用するように説明されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事