アクセサリ

Aftershokzの骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz TREKZ AIR」を試す

AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR

フォーカルポイントが販売する、Aftershokzの骨伝導Bluetoothワイヤレスヘッドホン「AfterShokz TREKZ AIR」を試してみました。

以前、紹介した骨伝導Bluetoothワイヤレスヘッドフォン「AfterShokz TREKZ TITANIUM Bluetooth 骨伝導ヘッドホン」の上位モデルです。

なお、この製品は「2017年度グッドデザイン賞」を受賞しています。


AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR

Bluetooth 4.2 ワイヤレスの骨伝導ヘッドホンで、特許取得済みの OpenFitデザインを使用して頬骨から内耳に微細な振動を伝え、耳を塞いだり覆ったりすることなく音声を伝達します。

マルチポイント接続に対応し複数台のデバイスの接続に対応しています。

AfterShokz TREKZ TITANIUMと比べて約6g軽量化されています。


AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR本体に加え、イヤープラグ(耳栓)、FitBands(サイズ調整用)、USB A – micro USB ケーブル(充電用)、専用ポーチが同梱されています。

専用ポーチは、ネオプレーン素材が採用されています。


AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIRを装着してみました。

カナル型イヤホンや通常のヘッドホンと異なり、耳を密閉したり塞いだりしないため、音楽を聞いていても、周囲の音が聞こえ、周りの状況を把握することができ、エクササイズやジョギングなどに安心して使用できます。

また、AfterShokz TREKZ TITANIUMと比べて圧迫感も減少しました。


AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR

ボリュームコントロールは右ユニットに、ミュージック再生などのアクションボタンは左側に装備されています。

骨伝導ヘッドフォンは、スピーカーユニットの構造により音漏れが発生しますが、AfterShokz独自の技術「LeakSlayer」により、音漏れ音量の削減を実現しています。


AfterShokz TREKZ AIR

AfterShokz TREKZ AIR

Apple Musicを再生して音楽を視聴してみました。

独自の「PremiumPitch+」技術によって、骨伝導ヘッドフォンでありながら、広いダイナミックレンジと芳醇な低音を楽しむことができます。

音量に気をつけて使用すれば普段でも使用可能ですが、音量を上げ過ぎると、骨伝導による振動量も増えるため、使用目的を明確にした方が良いと思います。


関連エントリー:Aftershokzの骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz TREKZ TITANIUM Bluetooth」を試す




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事