アクセサリ

ソフトバンクのApple Musicの楽曲名表示が可能で、AACコーデックにも対応したBluetooth対応オーディオレシーバー「SB-BT08-SHLD」を試す

SB-BT08-SHLD

SB-BT08-SHLD

SoftBank SELECTIONのイヤホン付属Bluetooth対応オーディオレシーバー「SB-BT08-SHLD」を試してみました。

Bluetoothヘッドフォンアンプにイヤホンが付属したヘッドセットで、AACコーデックに対応しています。

AVRCP1.3以上でサポートされている「楽曲タイトル送信機能」にも対応した製品です。

SoftBank SELECTIONの「アウトレット」に在庫がある場合格安で購入出来ます。


SB-BT08-SHLD

SB-BT08-SHLD

Bluetoothアンプ本体は、一般的なBluetoothヘッドセットよりも四角く大きい感じです。

microUSB接続による充電で、約3時間充電で、連続再生約5時間、連続待受約280時間使用することが出来ます。


付属するイヤホンは、9.2mmドライバを採用したダイナミック型で、103dB/mW、再生周波数帯域20〜20,000Hzとなっています。

また、ヘッドユニットは、Bluetoothアンプ本体色が黒い場合は黒、それ以外の色の場合は、白色となっています。


付属品として、3サイズのイヤーピースと、5V/550mAのmicroUSB端子付きAC電源アダプタも同梱されています。


Bluetooth 3.0仕様で、iPhone/iPadと接続する場合、設定>Bluetoothからペアリング作業が必要になります。

電源オフの状態から約8秒電源ボタンを押し続けるとペアリングモードになります。


iPhone/iPadだけでなく、Apple Watchともペアリングすることが出来ます。

Apple Watchの設定>Bluetoothから行ないます。


Apple Musicで再生されている楽曲のアーティスト名、曲名などを表示することが可能です。

Apple Musicの音質は「AAC/256kbps/44.100kHz」で、Bluetoothヘッドフォンアンプ本体がAACコーデックに対応しているため、そのままの音質で再生することが可能です。


iPhoneに付属する「Apple EarPods with Remote and Mic」をBluetoothアンプ本体に接続することで、ワイヤレスイヤホン化することも可能です。

その場合、EarPodsのリモコンは使用出来なくなり、Bluetoothアンプ本体のリモコン操作となります。


HSP(HeadSet Profile)、HFP(Hands-Free Profile)に対応していて、ハンズフリー通話が行なえます。

PBAPにも対応しているため、連絡先に登録されている場合、相手の名前表示も可能です。

Bluetoothアンプ本体には、全指向性マイクが内蔵されています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事