Watch OS

Hindustan Times Tech:Apple、WatchOS 7の新しい「ダンス」ワークアウト追跡アルゴリズムについて語る

Hindustan Times Tech

Hindustan Times Tech

Hindustan Times Techが、AppleのFitness for Health Technologies担当シニアプロダクトマネージャーJulz Arney氏へのインタビューを掲載しています。

Appleは、WatchOS 7のフィットネス(旧Activity)アプリに「ダンス」「機能的筋力トレーニング」「コアトレーニング」「ワークアウト後のクールダウン」の4つを追加します。

ダンストレーニングは、ボリウッド、カーディオダンス、ヒップホップ、ラテンの4つのダンススタイルでテストされていて、ソーシャルパートナーダンス、社交ダンス、または振付ではなく、ワークアウト環境でのダンスを特にターゲットにしているそうです。


Julz Arney氏は「ダンスの正確なカロリー消費量を計算するアルゴリズムを開発することは、いくつかの理由で大きな課題だった。」とArney氏は述べ「必ずしも手首から全ての情報は計れない。」と話し、ダンスの場合、Apple Watchが「全身の動き」を検出する必要があるためだそうです。

主な違いは、反復運動がないことで、ウォーキング、ランニング、スイミング、さらにはリフティングウェイトには、腕の振りのような単一の反復的なモーションシグネチャがあり、センサーが検出するのは簡単で、たとえば、歩く速度が速いほど、腕が速く振れます。

ダンスの動きは、腕と脚の動きの任意の組み合わせで構成されているため、特に、腕だけ、下半身だけを使用するダンスの動きと、全身を使用するダンスの動きを別々に見る必要があったそうです。

アルゴリズムは、Apple Watchの加速度計とジャイロスコープからの動きの速度、強度、パターンなどのデータを使用して「作業速度」と呼ばれるものを決定します。これは、セッション中に実際に行った作業量を決定するものです。

たとえば、泳いでいるとき、ワークアウトアプリはジャイロスコープと加速度計のデータを見て、ストロークスタイルを特定し、ストロークレートを推定します。

これがワークレートです。屋内サイクリングのように、身体が空間を移動せず、手首の動きがほとんどない場合は、心拍数のみを使用します。

ダンスでは、心拍数センサーとモーションセンサーの両方を使用して強度を予測し、正確なカロリークレジットを取得するために、作業レートと心拍数の両方を一緒に使用する必要がありました。

ダンスをしているときにどれだけハードに動いているかを正確に知るために、ダンサーの背中にモバイルの代謝センサーを装着したそうです。

ユーザーが活動を行っている間、体の代謝を追跡することが可能で、アスリートが使用していても、呼吸の反応などを検出するために、時には健康目的のために使用されているそうです。

これにより、ダンスのワークアウト中の真のカロリー消費量を測定することができました。研究チームは、手首の動きと股関節の動きがどのように関連しているかを理解するために、ダンサーの股関節に携帯電話を取り付けました。さらに、ダンサーは手首にApple Watchをつけ、胸ストラップ式心拍数モニターもつけていたそうです。

心拍数データを収集することで、研究者は心拍数データから得られるカロリー量を、バックパックから得られる真のカロリー消費量と比較することができました。これにより、Watchのアルゴリズムモデルが作成されたそうです。

Appleは、加速度センサーとジャイロスコープの両方のデータを組み合わせた「高度なセンサーフュージョン」を使って、腕だけで踊っているときと下半身だけで踊っているとき、全身で踊っているときの違いを検出しています。

心拍数データを追加してダブルチェックすることで、腕を動かしただけでは余分なカロリーが加算されたり、全身を動かしただけでは少ないカロリーが加算されたりすることはないそうです。

正しいワークアウトの種類を選ぶことは、正しいカロリー量を取得し、それらのサークルを閉じるために重要なポイントです。

しかし、最も重要なことは、フィットネスの目標を達成するためにワークアウトを変更する必要があるかどうかを知ることができるということです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事