教育

Apple Distinguished School認定校の「北鎌倉女子学園」が、JamfのAppleデバイス管理ソリューションを導入

北鎌倉女子学園

北鎌倉女子学園

Jamf Japanは、教員と生徒が効率的にAppleデバイスを活用し、先進的な学びを実現することを目的に「北鎌倉女子学園」が、JamfのAppleモバイルデバイス管理(MDM)ソリューション「Jamf Pro」を採用したと発表しています。

北鎌倉女子学園 ICT教育推進委員会委員長・先進教育推進室室長の三室哲哉氏は、「Jamf Proは直感的に操作できるので、特別なスキルがなくてもスムーズにデバイスの管理ができます。サポートの面でも、しっかりとした研修をしてもらえたので、契約して終わりというベンダーさんも多い中、サポート体制の充実もJamf導入の大きなメリットです」と話しています。


同学園は、Apple Distinguished Program 2019-2022に認定されています。


関連エントリー:北鎌倉女子学園、Apple Distinguished Schoolに認定


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事