Beats

Beats by Dr. Dre、Official髭男dismを起用したドキュメンタリー「Beat x Beat: Official髭男dism “アポトーシス”」を公開

Beat x Beat: Official髭男dism “アポトーシス”

Beat x Beat: Official髭男dism “アポトーシス”

Beats by Dr. Dreが、Official髭男dismを起用したドキュメンタリー「Beat x Beat: Official髭男dism “アポトーシス”」をApple MusicとYouTubeで公開したと発表しています。

このドキュメンタリーは、小原穣氏が監督を務め、Official髭男dismの最新アルバム『Editorial』より、ヴォーカリストの藤原聡氏の作詞・作曲・プロデュースによる収録曲「アポトーシス」制作の舞台裏に密着しています。

藤原氏はこの曲について「例えば木の葉が紅葉して、最後に枯れて木から離れて落ちていく。タイトルの「アポトーシス」は<プログラム細胞死>を意味します。

自分が29歳を迎え、残された20代があと1年になった時に、自分の大切な人たちはいつまで元気でいてくれるだろうか、と考えたことが楽曲制作のはじまりでした」とコメントしています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事