Appleが、サポート情報「iPhone:カメラのイメージエフェクト」を公開し、iPhoneのカメラで撮影した写真に紫がかった色が、静止画または動画に、フレアで付いたり、スポット的に付いたりする場合があることについて説明を行っています。

iPhoneを含め大部分の小さなカメラは、光源の向きによって、フレームの端に何らかのフレアがついたイメージをとらえる場合があり、それはカメラモジュールの外から内側にかけて、写角外の光源から来た光源がレンズ内で反射・屈折することによって起こるそうです。

明るい光がレンズに入ってくる位置を少しでも変えるためにカメラを動かすか、手でレンズをカバーしたりすることで影響を最小限にすることが出来ると説明しています。

これは、どのデジタルカメラでも起こりえる問題で、そうした「レンズフレア」を防止するために、レンズフードといったアクセサリーがあり、さらに抑制する技術として、レンズ鏡筒の内面反射防止の塗装やレンズ表面にコーティングが施されたりします。

iPhone 5の場合は、紫フレアが入っている状態を、リアルタイムプレビュー確認することが可能なので、入らないように動かせば良いです。


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する