Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、デザインを一新したMacBook Proは、早ければ今年の初夏に発売される予定で、その後、MacBook Air、ローエンドのMacBook Pro、新型Mac Proワークステーションと続き、さらにハイエンドのMac miniデスクトップと大型のiMacの開発も進めているようだと伝えています。

これらのマシンには、現在のM1チップの性能や機能を大幅に上回る自社設計のプロセッサが搭載されるそうです。


再設計されたMacBook Proは、コードネーム「J314」と呼ばれる14インチと、コードネーム「J316」と呼ばれる16インチの画面サイズで発売される予定で、再設計された筐体、マグネット式のMagSafe充電器、外付けドライブやデバイスを接続するためのポートの数が増え、また、以前のバージョンでは廃止していたHDMIポートとSDカードスロットを復活させる予定だそうです。

新しいMacBook Proでは、コードネーム「Jade C-Chop」と「Jade C-Die」という2種類のチップが計画されていて、どちらも高性能コアが8個、高効率コアが2個、合計10個搭載されているが、グラフィックコアは16個または32個のバリエーションが提供される予定だそうです。

さらに、M1では最大16GBだったメモリを、最大64GBまで増設することができ、機械学習タスクを処理するNeural Engineも改良され、データの同期や外部デバイスとの接続を可能にするThunderboltポートも、現行のM1 MacBook Proに搭載されている2つのポートよりも多く追加できるようになるそうです。

Appleは、次期MacBook Proと同じチップを搭載した、コードネーム「J374」と呼ばれる、よりパワフルなバージョンのMac miniも開発していて、このモデルは、現在のローエンドバージョンに搭載されている2つのポートではなく、4つのポートを備え、現在のエントリーレベルのM1 Mac Miniの上に位置することが予想されるそうです。

Apple社は、これまでのように新型MacMiniの発売を延期または中止する可能性もありますが、最終的には現在販売しているIntel搭載のMac Miniを置き換えることになります。

2022年に発売が予定されているハイエンドデスクトップ「Mac Pro」は、新しいハイエンド「MacBook Pro」チップの2倍または4倍の性能を持つ2つのプロセッサから選択できるようになるらしいです。


関連エントリー
ハッカー攻撃により、次期MacBook Proなどの設計図面が流出
Apple、M2チップのデュアルパッケージを2021年第3四半期に量産開始?
Nikkei Asia:TSMC、次期M2チップを5nm Plusで製造開始?


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する