Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、プロトタイプ折り畳み式画面の開発を開始しているが、実際に折り畳み式iPhoneを発売するため計画を固めてはいないようだと伝えています。

開発作業は、ディスプレイ部分に限られていて、そうしたディスプレイを搭載したiPhoneの試作品までには至っていないと情報筋は語ったそうです。

Appleは折り畳み式画面サイズを議論していて、テスト中のディスプレーはサムスンの製品と同様に、その裏側に電子部品が配置され、ヒンジ部分はほとんど目立たないようです。


事情に詳しい関係者によると、2020年に5Gや新デザインなどによって強化されたことを考えると、2021年のiPhoneに大きな変更を計画しておらず、内部でエンジニアは次のiPhoneを別の「S」バージョンのデバイスと考えているとしています。

今年発売されるiPhoneは、全体的にマイナーチェンジとなるが、画面内指紋リーダーや、ワイヤレス充電機能により、一部のiPhoneモデルから充電ポート廃止も検討されているようです。

iPadシリーズについては、現行モデルに似た外観を持ちながら、ミニLEDディスプレイとより高速なプロセッサを搭載した新しいiPad Proを計画していて、2019年モデルのiPad Airと同じデザインを採用した、より薄くて軽いエントリーレベルのiPadも計画しているようだとも伝えています。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する