Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、iPhoneやiPadの普及に貢献したデザインに頼って、来年までに独自のメインプロセッサを搭載したMacの販売を開始する予定だと、関係者が語ったと伝えています。

次期iPhone用A14プロセッサをベースに、システムオンチップとして知られている独自のMacプロセッサを3種類開発していて、これらのうち最初のものは、iPhoneやiPadに搭載されているプロセッサよりもはるかに高速になるだろうと関係者は話したそうです。

Appleは2021年に、独自のチップを搭載したコードネーム「Kalamata」と呼ばれるMacを、少なくとも1台リリースする準備をしているそうです。

Kalamataプロジェクトは数年前から続けられていて、2018年に社内テスト用にiPad ProのA12XプロセッサをベースにしたMacチップを開発したそうです。

これにより、同社のエンジニアは早ければ2020年にもMacでIntelの置き換えを開始できるという自信を得たようです。

最初のMac用プロセッサは、コードネーム「Firestorm」と呼ばれていて、8つの高性能コアと、内部では「Icestorm」と呼ばれる少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアを搭載する予定で、将来的にさらに12以上のコアを持つMacプロセッサを模索していると関係者は話したそうです。

AppleのMac用プロセッサには、CPUと呼ばれるメインプロセッサと、グラフィックスチップであるGPUを含むいくつかのコンポーネントが搭載される予定で、構造的にはAチップと同じで、現在のIntel製CPUとAMD製GPUを組み合わせた仕様ではなくなると話しているそうです。

Appleは、現在のサプライヤーであるIntelから離れ、そのMacのラインナップの多くを移行することを示唆しているようです。

ただ、macOSをIntelのチップアーキテクチャからArmベースの設計に移行するのは、技術的な課題が多く時間がかかる可能性はありそうです。


関連エントリー:TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2021年前半までにARMプロセッサを搭載した最初のMacが発表されると予測


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する