Nikkei Asian Review

Nikkei Asian Review

Nikkei Asian Reviewが、情報筋の話しとして、もともと2月末に大量生産を開始する予定だったiPhone 9は、COVID-19の影響を受け、14日間の検疫期間の終了日となった2月10日から工場労働者が戻りはじめているが、生産能力の30%〜50%でしか稼働できていない状況で、大量生産は3月末まで回復しない見込みのため、発売を4月に延期せざるを得なくなったと話していると伝えています。

日本経済新聞は、Appleにコメント求めたが回答はなかったそうです。


iPhone 9は、筐体デザインや実装基盤までiPhone 8のままと噂されていて、クロックダウンされたApple A13 Bionicを搭載し、メインメモリは2GBから3GBにアップするといわれています。


関連エントリー
A13 Bionicチップを採用したiPhone 8のアップデート版はiPhone 9?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 9は7枚構成レンズを採用しない?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 8後継モデルは、A13 Bionic採用でメモリ3GB仕様?
日本経済新聞:Apple、2020年にiPhone SEの後継モデルと位置づけた廉価版iPhoneを発売?


PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する