Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、ソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏、OSプラットフォーム担当シニアディレクターStacey Lysik氏などを含む中心メンバーが、社内ソフトウェアデベロッパーとのiOS 14開発キックオフミーティングで、ソフトウェアのテスト方法を全面的に見直しすると発表したと伝えています。

Appleの開発チームが「daily builds」(毎日ビルド)と呼ぶ将来のソフトウェアアップデートのテストバージョンによって、未完成またはバグのある機能をデフォルトで無効にすることを保証するそうです。

テスト担当者は、フラグと呼ばれる新しい内部プロセスおよび設定メニューを使用して、これらの機能を選択的に有効にするオプションを使用することで、システムへの個別の影響を分離することが出来るようです。

iOS 14の開発以前は、完全にテストされていない機能を毎日追加するチームもあれば、毎週変更を提供するチームもあり「daily buildsは、多くの料理人が材料を追加するレシピのようなもの」とプロセスの知識を持つ人は話したそうです。

2021年までに一部のiOS 14機能を遅らせることを検討しており、これは、内部的に「Azul +1」と呼ばれるアップデートで、外部ではiOS 15として知られる可能性があるそうです。

それでも、iOS 14はその新機能の幅の広さでiOS 13に匹敵すると予想されているとAppleの計画に詳しい人々は話したそうです。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する