経済日報が、General Interface Solution (GIS) は、Appleのパーツメーカーとして認証を取得し、今月から、大規模な部品の出荷を開始したと伝えています。

Largan Precisionも最大能力で生産を開始しており、Foxconnは、新しい大規模組立工場をフル稼働させていると伝えています。


iPhone 9 color simulation

iPhone 9 color simulation

iPhone 6.1 LCDモデルの試験試作を開始して、完品率1%というあまりにも難しい状況に直面していたようですが、経済日報によると、主要部品の改良で解決したようで、本格的な量産出荷を開始するようです。

業界関係者は、最速で9月11日に発表、9月21日に販売開始になることを期待しているようです。



関連エントリー
iPhone 2018 3Dプリントモックアップをチェック
次期iPad Pro、ダイヤモンドカットデザインを強調したデザインに変わる?
聯合晩報:次期iPhoneのデュアルSIM版は、中国のデュアルSIMスマートフォンに対抗するための中国市場向けの可能性が高い
次期iPhone、USB PD 3.0規格認証取得製品のUSB-Cアダプタ以外では高速充電が出来ない?
次期iPhone 6.1 LCDモデルはアナリストの予測通り多色展開?
次期iPhoneに同梱される「Apple 18W USB-C Power Adapter」単品販売分はしばらく入困難になる?
経済日報:Artesyn、Apple 18W USB-C Power Adapterを受注?
DIGITIMES:Apple、MediaTekの5Gモデムチップを前倒しで搭載する?
充电头网:次期iPhoneに付属する「Apple 18W USB-C Power Adapter」の写真が流出?
Alibabaに、次期iPhoneとされるケースが多数登場
iPhone 6.1インチ、iPhone X 6.5インチモデルの3Dデーター?


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する