Daring Fireballが、Subtraction.comのエントリー「Illustration in the App Store」を紹介し、iOS 11で変わったApp Storeの「Today」では、明示的に作成された図面、絵、写真、コラージュ、アニメーションが作成されていて、これらは、Appleがアートディレクター雇い、綿密なコミュニケーションをとりながら制作している証拠だと説明しています。

John Gruber氏は、このTodayがWWDC2018でMac App Storeにもやってくると説明しています。

Appleは、コードネーム「Liberty」と呼ばれる「macOS 10.14」において、Appleが提供するサービスの中で、最も利用者数が少ない「Mac App Store」の大幅なテコ入れを行う予定だと噂されています。


現在、iOSアプリ数は2,501,630(うちiPadアプリは1,151,835)、iMessageステッカー数は29,590、Apple Wtachアプリ数は30,491、tvOSアプリ数は5,517もあり、Today特集を組みやすい状況ですが、Mac App Storeのアプリ数は28,378という状況で、特集を組むのにアプリ数が足りない状況となっています。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する