アクセサリ

シュピゲンジャパンのApple 7.5W充電対応防水・防塵Qiワイヤレスチャージャー「F305W」を試す

Spigen F305W

Spigen F305W

シュピゲンジャパンが、Qiワイヤレスチャージャー「F305W」を販売開始したので試してみました。

Qi対応のiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xをケーブルレスで充電できます。

同社は、ワイヤレスパワーコンソーシアムに加盟しており、Apple Special Event September 2017でも、Qi対応アクセサリーメーカーとして紹介されています。


Spigen F305W

Spigen F305W

別途、Anker PowerPort Speed 2などのQuick Charge 2.0またはQuick Charge 3.0電源アダプタが必要です。

また、Qiワイヤレス9W充電を行うためには、15W(9V/1.67A)以上の給電出力が必要になります。


Spigen F305W

Spigen F305W

充電状態を示すLEDは一般的に充電台に装備されていますが、F305Wの場合は、本体を薄型化するためか、USBコネクタのケーブル端が光る仕組みとなっています。

LEDは白色発光のため、ホワイトモデルだと分かり辛いです。

ブラックモデルだと分かりやすいかもしれません。


Spigen F305W

Spigen F305W

F305WにiPhone Xを載せてみました。

F305Wが待機モードの場合、LEDが3秒ごとに点滅し、iPhoneを充電中はLEDランプが常時点灯します。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusが7.5W充電されるかどうか確認する方法はありません。


Spigen F305W

Spigen F305W

F305Wの充電台部分は、防塵等級IP6X-粉塵からの保護、防水等級IPX7-一時的に一定水圧の条件に水没からの保護の等級「IP67」に準拠しています。

実際に、F305Wの上に水をこぼし、その上にiPhone Xを置いた場合、ショートすることなく充電が開始されました。


Spigen F305W

Spigen F305W

F305Wの上に500円硬貨を置き、異物チェック機能を検査してみました。

WPCのQi Version 1.2では異物チェック機能に関する検査項目がありますが、具体的に硬貨を置くという規定はなく、硬貨を置いた場合充電出来てしまう製品がありますが、これは、500円硬貨を載せた場合、異物検知を示すLEDの点滅はされます。

ただ、その上にiPhone Xを置くと充電が開始されてしまいました。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事